FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康・省エネシンポジウムINひょうご

第2回健康・省エネシンポジウムINひょうご その2




先進的取り組みの事例発表とパネルディスカッション

パッシブデザインの松尾先生のお話


松尾先生は最近宝塚市など行政からもパッシブデザインと

健康の講演会の依頼が多いとか。


脳梗塞 は発症後4,5時間以内なら効く薬はあるそうだが

怖いのが脳卒中 亡くなる方の80%が室内だそうです

ヒートショックで亡くなる方は寝室で30% トイレで25% 浴室で12%・・・

実際にこの現実をわかっておられ、部屋を暖かくすることが予防になるとわかっていても

なかなか断熱改修に動こうとしません


その理由はというと・・・

「どうせあと10年ほどの命だから・・・ 」

「まだまだ使えるのにもったいないし・・・」という理由で工事をしない人が多いそうです

が実際には平均寿命は延びていることも注目されています

ネット上に出ている情報によると

脳梗塞 を発症し、平均入院費77万 行政の補助で約180万が必要。

これだけ個人でも、行政でも負担があり、

脳卒中後のその経過が余命7.5年だった場合、自己負担はなんと 約800万にまでのぼるという。

(月平均¥88,000×12か月×7.5年=\7,920,000と考えた場合)

そう考えた時に、自分は関係ないから・・・とは思えなくなってきますね。

一般的にはこの費用があれば工事をすることに限らず部屋内をあたたくする手だては行える

のではと思います。。。



IMG_6634blog.jpg



イギリス ドイツでは国策で断熱改修されている


ドイツでは、2050年までに断熱改修終了が目標。


年間3%の割合で進行中だそう。


高齢者の寒くて古い住宅では改修することの大切さを知りました。


在来の浴室はユニットバスへ、


トイレ 断熱 寝室の壁 床 天井の断熱改修だけはするようにと推奨されていました。


IMG_2412blog.jpg




在宅介護.医療分野から 書写病院 北村嘉章院長。

「連携手帳」の活用化


行政分野で 三重健康福祉部 増田次長からも

実際に行っておられる「三重モデル」をご紹介


IMG_2413blog.jpg


など貴重なお話をいただきました。


このたびも貴重なシンポジウムに招待いただきました。

あっという間に時間は過ぎ、改めて環境の大切さを学びました


これからの住宅環境の設計と施工にぜひ役立てていきたいと思います。


そしてこれからも医療分野からの視点でも改修設計を行っていきたいと思います。




リフォーム、リノベーション、各種リモデル工事のご相談、ご依頼も

兵庫県住宅改修業者登録店の東播建築工藝(0120-920-592) まで


H.P.もぜひご覧下さい。施工事例や、東播建築工藝の熱い想いをご覧いただけます!
http://toban.co.jp/


ウェブでのリフォームの多数のお問い合わせありがとうございます


おかげさまで2016年春の工事予定もけっこう詰まってまいりました




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東播建築工藝

Author:東播建築工藝

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。